フリーランス主婦のブログです!

ループイフダン大損する前に豪ドル円を一旦停止するの巻

新しい一週間のはじまりにしては

ネガティブ?な記事ですね。

先週末にFX自動売買システム、

アイネット証券のループイフダン豪ドル円を停止しました。

ので、そのあたりをちょっと検証です。

ループイフダンを一旦停止

先週はじめから様子見の

(→アイネット証券のループイフダンとは?)

「ループイフダンB10 AUD/JPY 40ポジション 損切りあり 1000通貨」

 

先週金曜日に停止しました。

 

 

2018年6月15日~運用してきました。

日足で84.5~80.5円あたりのレンジかなと

見ていました。

 

このあたりは7月の記事をご参考にして下さい。
→参考記事・ループイフダン検証主婦ブログ-2018年7月収益は-

 

ここにきて、

ポジション40の上限に近づき、

さらに80円を割り込んで

円高方向に進んだために停止としました。

 

値幅10だと

損切りはだだだーっと続いちゃいますね。

 

10pipsごとに損切りなので

一気に行くときは行っちゃいます。

3回損切りにあいました。

 

ここまで積み上げた利益がプラスのうちに

ということもあって、

ここは一旦停止としました。

 

損切りにあっても、

レンジ内に戻ってくる気配であれば

そのままでも良かったかと思いますが。

 

かなり長い期間レンジで

きてたかなと思いますので、

さらに円高方向へ進むかな?と止めました。

ループイフダン大損する前に停止です

ループイフダン停止しても決済注文はそのままなので注意です

ここで一点、

ループイフダン停止後の注意点です。

 

ループイフダンを停止しても、

出されている決済の指値、逆指値の注文は

自動で停止されません

 

なので、

手動でポジションを取り消ししないと

そのままです。

 

ループイフダン「照会」で、

設定してあるループイフダン注文を

停止して一安心と思って、

個々の決済注文を停止しないと、

ホールドのつもりのポジションが

逆指値に引っかかって損切り!

なんてことになってしまいますよ。

 

なので、

ループイフダン後に

ポジションはホールドのつもりのかたは、

ループイフダン「照会」で停止後に、

「ポジション照会」のところから

個々のポジションを削除なり訂正なりをお忘れなく!

 

豪ドル円今後はどうする?

さて、停止した豪ドル円のループイフダンを

今後どうするか?ですよね。

 

とりあえず、停止をしまして、

決済注文の逆指値、指値とも取り消して

ホールドとしています。

 

円安方向に戻ってきて、

損益がプラスに転じてきたら

決済しようと思っています。

 

ある程度ポジションが消化できるまで、

新規の注文設定は様子見となります。

 

ボーっとするしかないですね。

 

 

資金力が十分にある方は、

あらたに設定できるのでしょうけどね。

 

私はそうもいかないもので。

資金効率良く運用できる方法は?

保有ポジション好転まで、

より資金効率良くほったらかしで運用できる

注文設定を検証したいなと思ってます。

 

今回、

値幅10pipsの運用において学んだことは、

ポジション数が少ない設定の場合は

、大きな波の流れに乗り、

買い、売りを切替ながら

取引するということですかね。

 

ポジションをたくさん持つ事ができる方は

そんなこともあまり考えずに

ほったらかしにできそうですけど。

 

資金力によって、

ポジション数が限られる場合には、

せめて日足を確認して、

流れにそった方向に

注文を切り替えると効率よいかなと。

 

ちなみに、豪ドル円の場合、

値幅10pipsでもS10(売り)40ポジションは、

ランキングによる

直近一か月の決済損益は、2,361pipとなってました。

 

こう見るとやっぱり

値幅10pipsの損益は魅力的ですよね。

 

他の値幅でも

取引数量との組み合わせ次第では

値幅10pipsの損益に近づけるかな?

 

 

そのあたり検証してみたいです。

 

それにしても、豪ドル円、、、。

75円くらいまで下げそうですかね。

 

気長にポジションプラス回復まで

待ちたいです。

 

ロスカットしないで

持ちこたえられるかな?

 

ここまで、

ループイフダンご参考になりましたら幸いです!(なるかな?)

関連記事

プロフィール


はじめまして!管理人のM-riceです。 小学生の娘一人、夫一人、フリーランスでお仕事してます。 日常生活、投資などなどあれやこれやをつづっていきます!
⇒さらに詳しく管理人について

カテゴリー

Twitter