フリーランス主婦のブログです!

ループイフダン検証主婦ブログ-豪ドル円で注文設定!-

アイネット証券のループイフダンで

取引をはじめて一か月が過ぎました。

 

当初は米ドル円にて取引してましたが、

豪ドル円に変更してみましたよと。

ループイフダン、豪ドル円で注文!

現在アイネット証券ループイフダン

FX自動売買取引中です。

 

アイネット証券のループイフダンとは?

 

先週末の記事で、

週末か週明けに注文だそうと思います

としてましたが、

結局、週末のうちにドル円の注文を取り消して、

残りのポジションを決済。

 

あらたに豪ドル円の注文を出しました

 

 

写真の黄色線縦横クロスのところがそうです。

 

本当は下の赤線あたりまで待って反発したところから

入りたいなと思っていたのですけどね。

 

そのタイミングを見計らう時間が

うまく取れるかわかりませんでしたので

黄色線クロスのところで注文を出しています。

 

「ループイフダンB10 AUD/JPY 損切り設定あり 40ポジション 1000通貨」

 

で注文設定しました。

 

この設定を選んだ経過は

こちらの記事を参考にして下さいね。
→ループイフダン検証主婦ブログ-設定変更しようかな-

 

そして週明け、

思った通り注文とは逆方向の円高方向へ。

 

まぁこの辺は思惑どおり

ということにしときましょうね。

 

ポジションは40ですので、

損切りは4円の変動には耐えられます。

注文と逆方向に相場が動いた場合のループイフダンの結果は?

ここで折角ですので、

注文とは逆方向の場合に

どのような取引がなされているのかを検証です。

 

上の図の黄色斜め下矢印のところです。

 

ご覧の通り日足は見事に3日連続陰線ですね。

 

もし通常注文で買いポジションを取っていただけなら

マイナスの損益ですね。

 

ではループイフダンではどうなったのかというと、

 

 

1,204円利益(1000通貨)となっています。

 

右肩下がりの円高相場ではありますが、

上げ下げを繰り返しながら下がっていく中で、

値幅設定の10pips上がるごとに決済して

利益を積み重ねています。

 

 

記事作成時点でのポジションは

15もっています。

決済予定損益は-10,223です。

 

このように、

設定したポジション数までは、

値幅10で細かく利益を確定して行く事が、

この約3日間だけで良くわかりますよね。

 

この1,204円が凄いと思うか少ないと思うかは

考え方人それぞれだと思います。

 

私は凄いなと思うほうです。

 

取引の時間を見て頂ければわかりますが、

1日24時間、朝から夜中まで様々な時間帯ですよね。

 

これを裁量で自分で取引するのは私には無理です。

 

FX自動売買、シストレ等を検討した理由は、

お金を稼ぐもう一人の従業員が欲しい!ということでした。

 

そういった点から、

24時間フルで稼働してくれるループイフダン

今のところは満足です。

 

大きな相場の流れを気をつける必要はありますが、

その検証時間は、

とても効率良い範囲となっています。

 

今回は注文と反対方向の時の取引検証でしたが、

トレンドにうまく乗っている時の取引結果も

検証したいと思っています。

今後は

さてこのように、

新しく豪ドル円で

ループイフダンの注文をだしました。

 

今後は、相場がさらに円高方向に流れ、

設定したポジション40(変動幅4円)に近づいて来た時に

どうするか検討するとして、

しばらくはこのままの注文

行きたいと思います。

 

もっと検証時間を取る余裕があって

攻めて行きたいかたは、

ショートとロングを、

為替の流れに合わせて切り替えて

いけば良いのかなと思います。

 

そうそう、そのあたりはですね、

アイネット証券のアナリストの方のレポートが

参考になりますよ。

 

具体的にドル円、ユーロ円、豪ドル円等の

チャートを解説してくれ、

どのようなループイフダンの設定で

ポジションを取っているかのレポートがあります。

 

そういった解説レポートを参考に

注文設定を決めるのもありだと思いますよ。

 

ここまで、FX自動売買、シストレ、ループイフダン等を

検討しているかたのご参考に

少しでもなりましたら幸いです!

 

お金に働いてもらって稼ぐ力を身につけたいですね!

アイネット証券のループイフダンとは?

関連記事

プロフィール


はじめまして!管理人のM-riceです。 小学生の娘一人、夫一人、フリーランスでお仕事してます。 日常生活、投資などなどあれやこれやをつづっていきます!
⇒さらに詳しく管理人について

カテゴリー

Twitter