フリーランス主婦のブログです!

リピート系FX自動売買ループイフダン2019年1月収益は?

アップルショックからはじまった2019年の為替相場。

さてさて、そんな1月の2019年1月のリピート系FX自動売買システム取引収益です。

リピート系自動売買ループイフダン2019年1月の結果は?

アイネット証券ループイフダンで、

FXリピート系自動売買中です。

→アイネット証券のループイフダンとは?

 

まずは結果から。

2019年1月の収益です。

 

決算損益は、-52,271円

(売買損益 -50,996円、スワップ -1,275円)

です。

決済回数は80回ありました。

 

月初めの怒涛の円高で損切りラッシュでした。

豪ドル円で5回、ユーロ円で5回、

豪ドル米ドルで2回、ユーロ米ドルで1回

損切りがありました。

 

マイナス損益の割合は

ユーロ円      約65%

豪ドル円      約20%

豪ドル米ドル  約10%

ユーロ米ドル  約5%

です。

 

損切りラッシュな中、

ループイフダン注文強制取り消しも経験。

そのあたり興味のあるかたは

こちらの記事を参考にして下さいね。

→アップルショックで「ループイフダン注文強制取消のお知らせ」がきましたよ

 

そんなこんなで月の後半には

ループイフダン設定を見直しました。

→ループイフダン設定(2019年1月25日~)

ユーロ米ドル、豪ドルNZドル

という通貨ペアで取引しています。

 

アップルショックを教訓に、

証拠金目一杯にループイフダンを注文設定することをやめました。

2019年2月のループイフダンの注文設定は

前項に書きました1月25日からの設定で、

2月も行こうと思います。

→ループイフダン設定(2019年2月)

 

ユーロ米ドル、豪ドルNZドルで取引です。

「ループイフダンS60 EURUSD 5ポジション 損切りあり 1000通貨」

「ループイフダンB80  AUDNZD 5ポジション 損切りあり 1000通貨」

この二つのループイフダンです。

ループイフダン停止後のポジションはどうする?

ループイフダン取り消した後に残った、

豪ドル円、ユーロ円のポジションは、

利益出るところまで保有するつもりです。

 

ただ両方ともスワップがマイナス方向のポジションなんですよ。

これが気になります。

 

マイナススワップが気になって

ユーロ米ドルの両建てを辞めたところもあるので

ほんとこの状態は気になります。

→FXユーロ米ドル両建ては一旦解消しようかな

 

ですが、もう少し様子を見てみます。

ループイフダン損切りあり、損切りなしはどちらがいいのか?

ループイフダン注文設定で、

損切りあり、損切りなしはどちらが良いのか?

とういことが今気になっています。

 

アップルショックの時に、

損切りなしの設定だったらどうなっていたのかな?と。

 

同じ注文設定で、

損切りあり、損切りなしを設定して

検証してみたい気もしています。

豪ドル円、ユーロ円のポジションを決済することができて、

スッキリした状態になったら

もう少し具体的に検討したいです。

おわりに

2019年はじまりとともに、

いきなりマイナス収益でのスタートとなりました。

 

ですが、これをプラスにとらえて無理な設定を控え、

コツコツ右肩上がりを目指していこうと思います。

 

ここまで、リピート系FX自動売買ループイフダンについて

少しでもお役に立ちましたら幸いです!

→アイネット証券のループイフダンとは?

関連記事

プロフィール


はじめまして!管理人のM-riceです。 小学生の娘一人、夫一人、フリーランスでお仕事してます。 日常生活、投資などなどあれやこれやをつづっていきます!
⇒さらに詳しく管理人について

カテゴリー

Twitter