フリーランス主婦のブログです!

アップルショックで「ループイフダン注文強制取消のお知らせ」がきましたよ。

1月も半分が過ぎ、ここのところの為替の動きは停滞気味で静かな様相ですね。

 

ですが、お正月明けは急速な円高凄かったですよね。
私もご多分に漏れず冷や水を浴びちゃいましたよ。

 

ということで今回は、
アップルショックでループイフダン注文強制取り消し
、なお話しです。

アップルが原因?!急激な円高ドル安

今回アップルの影響力って凄いのね~と
改めて実感してしまいました。

 

アップルの売上高予想が下方修正~の円高ドル安
一気に円高に振れましたよね。

日経平均株価も大きく下げました。

お正月のゆったりのんびりとした空気から
一気に現実に引き戻されたかたも多かったんじゃないですか?

「ループイフダン注文強制取消のお知らせ」?って何?

私はお正月気分のぬるーい頭な状態で
アップルショックで急激な円高!なニュースを知りました。

 

これループイフダンどーなってるの?
ほったらかし状態にあったループイフダンをチェックしましたよ。

→アイネット証券のループイフダンとは?

 

 

はい、約定通知のメールがたくさん来てました。
しかも逆指値の約定通知がたくさんです。

 

その中に
「ループイフダン注文強制取消のお知らせ」
という見慣れないメールも。

 

えーっとこれはなんですかね???

 

メールを開いて内容を確認しますと

「ループイフダンにおいて、有効証拠金が保有取引証拠金と以下の新規注文取引証拠金の合計額を満たさなかったため、以下の新規注文にて強制取消が実行されましたのでお知らせいたします。これにより、当該ループイフダンは運用が停止されますのでご注意ください。」

とありました。

 

証拠金が足りないから、
新規にポジション持てませんよ。
なのでループイフダンの注文設定取り消しますねって事ですね。

 

あぁ~そうですか~。。。

証拠金目一杯にループイフダン設定してはダメねと思い知らされましたよ。

どうしても利益を早く上げたいと思って
注文設定を詰め込みすぎてしまったなと反省です。

 

ただせっかくですから、
これを良い方向にとらえていきたいです。

 

なかなか自分の裁量で損切りは難しいですよね。
それをルールにのっとって取引してくれたと。
これで大事にならずに済んだと思う事にします。

もちろん、逆指値でだいぶ損切りされてますので
痛手はそれなりにあります。

 

でも幸い、去年ループイフダンを始めてからの利益を
全て失うということまではなりませんでした。

 

実際の詳細な損益は、月末にまたまとめたいです。

ループイフダン注文設定見直さないと

さて、心機一転ということで、
現在の証拠金で注文設定を見直しです。

 

強制取り消しになるまで、
ループイフダンの注文設定は、
FXで4すくみという形を作って取引していました。

→FX4すくみの注文設定

 

ループイフダン注文強制取消で
ユーロ円、豪ドル円、豪ドル米ドルの注文が取り消されました。

 

このあたりは取引のタイミングで
たまたまこの通貨ペアのループイフダンが取消となった感じです。

 

そして今回あらたにループイフダン注文設定を検討しました。

 

「ループイフダンB60 EURUSD 5ポジション 損切りあり 1000通貨 必要証拠金34,730円」

「ループイフダンS60 EURUSD 5ポジション 損切りあり 1000通貨 必要証拠金34,730円」

「ループイフダンB80 AUDNZD 5ポジション 損切りあり 1000通貨 必要証拠金24,614円」

 

このようにしました。(必要証拠金は記事作成時の金額です)

ユーロ米ドルは今までの注文設定引き続きです。
豪ドルNZドルを今回新しく注文設定しました。

画像は豪ドルNZドルの週足のチャートです。

長期目線でなるたけほったらかしたいので
週足で見てみました。

 

黄色い線の範囲位でレンジなのかな?
レンジ下近辺から流れ変わるころ?と思い
豪ドルNZドルの買いで設定しました。

 

ということで、3つのループイフダン注文設定で心機一転です。

ループイフダン注文取り消し後のポジションどうする?

新しく注文設定したループイフダンを稼働させていくとして、
ループイフダン注文取り消しで
残ったポジションをどうするかですよね。

これは以前も経験しています。

→ループイフダン大損する前に豪ドル円を一旦停止するの巻

 

ループイフダンは運用取消ししても
すでに出されている指値、逆指値の注文は
自動で取消とはなりません。

 

そのままで良いよというかたは問題ないですけど、
決済を自分の裁量で判断したいかたは、
指値、逆指値の注文を、
すべて取り消す必要があるので気をつけてくださいね。

ということで、
豪ドル円、ユーロ円のポジションが残っているのですが
まずは指値、逆指値の注文を取り消しました。

 

豪ドル米ドルのポジションは少なかったので
すでに決済してしまいました。

 

今後は様子を見て
残っている豪ドル円、ユーロ円とも
少しでも利益でるところまできたら
決済しようかなと思っています。

 

まぁでもそんなことしてると
逆方向に行くパターンが、、、
潔く損切りしてしまうのもありかもですね。
そのあたりは悩みどころです。

 

さて、年のはじめからバタバタでしたが、
頭を冷やす機会をもらったと思って
ここから気を大きく持ちすぎないよう
コツコツを目指して行こうと心あらたに思いました。

 

FX裁量に疲れてFX自動売買にて取引中。
FX自動売買リピート系注文ループイフダンについて
少しでもご参考になりましたら幸いです!
老後悠々自適を目指してがんばりましょう!

→アイネット証券のループイフダンとは?

 

→FX自動売買システム取引記録はこちらにまとめてあります。

関連記事

プロフィール


はじめまして!管理人のM-riceです。 小学生の娘一人、夫一人、フリーランスでお仕事してます。 日常生活、投資などなどあれやこれやをつづっていきます!
⇒さらに詳しく管理人について

カテゴリー

Twitter