QUOREA(クオレア)でBitMEX(ビットメックス)連携して使えなくなりますよ。

仮想通貨

2020年1月からはじめたビットコインの自動売買。QUOREA(クオレア)のサービスを利用しています。クオレアの連携先の一つであるビットメックスについてお知らせがきていました!な、お話しです。

QUOREA(クオレア)、BitMEX(ビットメックス)との連携終了のお知らせ。

今年からはじめています仮想通貨(ビットコイン)の自動売買。2020年2月も順調にコツコツと稼働しています。

だいたい1日1回QUOREA(クオレア)のサイトにアクセスして取引の状況を確認しているのですが、いつものように収益のチェックをしていたら、お知らせの通知が入っていました。

何かな?と見てみますと、BitMEX(ビットメックス)との連携ができなくなるとの押しらせでした。

2020年4月から、日本において仮想通貨が金融商品として正式に認められるそうで、日本の金融庁の認可を受けていないBitMEX(海外の仮想通貨取引所)との連携は、法令違反になるからだそうです。

なるほどーそういうことなのですね。というか、正式に仮想通貨が認められる?!のほうが詳しく気になります。が、それはまた色々情報でてきそうですね。

クオレアとの連携はビットフライヤーかリキッドで

BitMEX(ビットメックス)がQUOREA(クオレア)で使えないとなっても、もともと私はビットフライヤーと連携させて利用してましたので、特に困ることはありません。ですが、ビットメックスを利用していたかたは、連携先を変更しないといけませんね。ちょっと面倒ですね。

BitMEX(ビットメックス)がダメとなると、
QUOREA(クオレア)のサービスとの連携先は、
bitFlyer(ビットフライヤー)
Liquid(リキッド)
の2社です
。(記事作成時)

以前、仮想通貨ビットコインの自動売買をはじめました!という記事で、連携先の取引所について記載しています。そこで、日本の金融庁に登録のある、bitFlyer(ビットフライヤー)、Liquid(リキッド)のが安心ですかね。と書いていたのですが、そのような流れになってしまいました。

ただ、今後またビットメックスが対応してくるかもしれませんけど、目先の取引を継続させるにはbitFlyer(ビットフライヤー)かLiquid(リキッド)との連携ですね。

私は自分でもともと利用していたということもあり、bitFlyer(ビットフライヤー)についてサービス内容を記事で紹介していました。興味のあるかたは参考にしてみてください。
→仮想通貨ビットコインの自動売買をはじめました!

bitFlyer(ビットフライヤー)、Liquid(リキッド)と、どちらが良いか?それぞれ考え方があると思いますので、最終的にはご自身の感覚にあう取引所で選ぶしかないですね

bitFlyer
bitFlyer

Liquid by Quoine
Liquid by Quoine

ビットコイン自動売買、今月ここまでの成績は?

まだ2020年2月の途中ですが、ついでに今月ここまで(17日間)の自動売買の成績をご参考に!2万円程度と少額投資でローリスク設定でロボットを稼働させています。

ロボット名なんとなく伏せてますが、ロボットの点数、ロボ応援数からわかりますかね?!

今月は今のところ+1,265円です。良いのではないでしょうか?!

コツコツと仮想通貨(ビットコイン)も自動売買です。ここまで、何かしらご参考になりましたら幸いです!

→QUOREA(クオレア)について詳しく

タイトルとURLをコピーしました